20代社長 BINANCE Bitcoin Bithumb bitmain BLOCKCHAIN BTC Bクワドラント COMSAメタップス提携 COMSA提携 EOS ETF eth Eクワドラント FCOIN FCOIN最新情報 Huobi ICOやり方 IPO orbs Ripple SBLOCK SBO SBOトークン softbank Sクワドラント USPTO WBFex WeChat アマゾン アマゾン詐欺 アマゾン返品 アマゾン返金 アリババ アリババ ブロックチェーン イーサリアム ウォレット エコシステム キャッシュフロークワドラント クワドラント コインベース コムサメタップスプラス提携 コムサ韓国 ゴールドマンサックス サビアン シンガポール ソフトバンク テンセント トークン ニンテンドースイッチ ネットワークビジネス ハッキング バイナンス バグ バンク・オブ・アメリカ ビッサム ビットコイン ビットコインキャッシュ ビットコインハードフォーク ビットメイン ブロックチェーン プラストークン マイクロソフト マイニング モナコイン急騰 ライトコイン リップル ロバキヨ 上場 中国 中国 ビットコイン 中国 ブロックチェーン 中国 仮想通貨 人生 人生やり直したい 人生やり直せる 仮想通貨 仮想通貨COMSA 仮想通貨decentbet 仮想通貨ICO 仮想通貨 詐欺 仮想通貨コムサ 仮想通貨セミナー 仮想通貨ディセントベット登録方法 仮想通貨一攫千金 仮想通貨予測 仮想通貨億万長者 仮想通貨取引所 仮想通貨手数料 仮想通貨暴落 仮想通貨暴落理由 仮想通貨詐欺 借金 任意整理 借金 債務整理 借金 民事再生 借金 自己破産 借金地獄 借金地獄 死にたい 借金地獄 自殺 借金地獄 解放 借金地獄 逆転 出金 取引所 取引所トークン 暗号通貨 最新情報 独立 登録方法 社長 紹介コード 経済的自由 考え方 脱サラ 詐欺 貧乏父さん 起業 速報 配当 金持ち父さん 4つのクワドラントの違い

ビットコイン払いがどこでも可能が遂に実現になる?!?!

ビットコイン(BTC)取引サービスを展開する米国の決済サービス大手スクエアが、小売店での仮想通貨支払いを簡単にする仮想通貨関連の特許を取得したことが明らかになった。 スクエアのアプリであるキャッシュのダウンロード数は3350万を突破しており、今後、仮想通貨の商業利用が進むかもしれない。21日に米国特許商標庁(USPTO)が明らかにしたところによると、スクエアが申請中だった「仮想通貨支払いネットワーク」という特許が認可された。スクエアは自社アプリのキャッシュで今年の1月からビットコインの取引を開始し、スクエアは一定数のビットコインを保有することで、利用者がすぐにビットコインの売買ができるようにしている。 そして、13日には米国の50州全てでビットコイン(BTC)取引が行えるようになった。 ビットコインは今後ますます拡大されそうですね。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

テキストメッセージでビットコイン決済できる??!!

アメリカの会計ソフトウェア世界最大手のインテュイット社が、テキストメッセージ経由でビットコイン決済をする技術に関し特許を取得したことが、7日明らかになった。 米国特許商標庁 (USPTO) が発行した特許書類では、仮想アカウントシステムがどのように携帯電話を使ってユーザー2人が資金を移動するかを詳述している。 中小企業が法定通貨の代わりにビットコイン決済を処理するのに使うクイック・ブックス・ビットコイン・ペイメンツ・サービスをローンチしたすぐ後の2014年、同社は最初の特許を申請している。 決済テキストメッセージの認証は、様々な方法によってなされる予定だ。一つは、決済処理をするために、ユーザーのアカウントに関連するパスワードを要求すること、もう一つは、さらなる認証のためにボイスメールを利用することが考慮されており、これは応えなくても自動的に非接続されるという。 同社は、以前からBTC決済プロセッサーへのアクセスを改善しようとしていた。 QuickBooksを2014年にローンチした以来、決済プラットフォームを開発し続けながらも、直近では、決済プロバイダーVeemと提携し国際仮想通貨決済システムを可能とする事業を始めたようだ。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。 …

続きを読む

SONYがマイニング関連の特許を申請‼︎米国特許商標庁(USPTO)

  SONYがマイニング関連の特許を申請していたことが米国特許商標庁(USPTO)により2日に分かった。 2つのブロックチェーン関連特許申請が米国特許商標事務所のホームページに掲載されている。⬆️ 一つ目の申請は、「マイニングプロセス」という言葉が複数見られた「電子ノードと分散型台帳の保守方法」に関するもの。申請1二つ目は、「デバイスとシステム」というタイトルで、ネットワークセキュリティを確保するバーチャル・ノードに関するものだ。申請2 そして、ソニーは去年10月、ブロックチェーンを基盤とした2要素認証システム (MFA) の特許申請を行なっていました。 こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

もっと見る