20代社長 BINANCE Bitcoin Bithumb bitmain BLOCKCHAIN BTC Bクワドラント COMSAメタップス提携 COMSA提携 EOS ETF eth Eクワドラント FCOIN FCOIN最新情報 Huobi ICOやり方 IPO orbs Ripple SBLOCK SBO SBOトークン softbank Sクワドラント USPTO WBFex WeChat アマゾン アマゾン詐欺 アマゾン返品 アマゾン返金 アリババ アリババ ブロックチェーン イーサリアム ウォレット エコシステム キャッシュフロークワドラント クワドラント コインベース コムサメタップスプラス提携 コムサ韓国 ゴールドマンサックス サビアン シンガポール ソフトバンク テンセント トークン ニンテンドースイッチ ネットワークビジネス ハッキング バイナンス バグ バンク・オブ・アメリカ ビッサム ビットコイン ビットコインキャッシュ ビットコインハードフォーク ビットメイン ブロックチェーン プラストークン マイクロソフト マイニング モナコイン急騰 ライトコイン リップル ロバキヨ 上場 中国 中国 ビットコイン 中国 ブロックチェーン 中国 仮想通貨 人生 人生やり直したい 人生やり直せる 仮想通貨 仮想通貨COMSA 仮想通貨decentbet 仮想通貨ICO 仮想通貨 詐欺 仮想通貨コムサ 仮想通貨セミナー 仮想通貨ディセントベット登録方法 仮想通貨一攫千金 仮想通貨予測 仮想通貨億万長者 仮想通貨取引所 仮想通貨手数料 仮想通貨暴落 仮想通貨暴落理由 仮想通貨詐欺 借金 任意整理 借金 債務整理 借金 民事再生 借金 自己破産 借金地獄 借金地獄 死にたい 借金地獄 自殺 借金地獄 解放 借金地獄 逆転 出金 取引所 取引所トークン 暗号通貨 最新情報 独立 登録方法 社長 紹介コード 経済的自由 考え方 脱サラ 詐欺 貧乏父さん 起業 速報 配当 金持ち父さん 4つのクワドラントの違い

「タイ銀行は仮想通貨のサポートを表明」

タイ銀行の総裁であるVeerathai Santiprabhob氏は、仮想通貨は詐欺師と関連付ける必要はないと公的立場を伝えた。 同氏は、犯罪者が他の目的のために仮想通貨を使用し、その性質との関連性はないと指摘した。同総裁は、詐欺師が投資家の5564枚ビットコインを欺いたという情報をコメントした。中央銀行のトップは、いかさま師の違法計画は仮想通貨に依存しないと指摘した。 Santiprabhob氏は下記のように述べた。「これは、仮想通信の取引中に発生した不正行為ではなく、仮想通信が誤用されている」 同氏は大奇妙なボラティリティのために仮想通貨への投資の高いリスクを思い出させた。中央銀行のトップは、投資家は失う余裕がある以上に投資するべきではない、と述べた。以前、タイの証券取引委員会は、Bitcoin、Ethereum、Bitcoin Cash、Ethereum Classic、Litecoin、RippleおよびStellarである7つの仮想通貨の取引を合法化した。同委員会の代表者によれば、これらの上記のコインは高い流動性を持ち、匿名性を仮定せず、投資家の間では良い評判がありました。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

バイナンス、従業員の90%がバイナンストークンでお給料授与?!

世界最大手の仮想通貨取引所の1つバイナンスでは、従業員の90%がバイナンスが発行した独自トークン「BNB」で給与として受け取っている。 バイナンスはビットコインを含めて約120種類の仮想通貨を取り扱っています。2017年7月から2018年1月まで5ヶ月しか経ってないですが、登録者が500万人にも上りました。更に、2017年12月中に24時間出来高ランキングでは世界で一位になりました。 バイナンスは手数料が安い上、バイナンスが発行した独自BNBトークンの手数料が0.05%という半額で非常に魅力的に感じます。 仮想通貨を給与に支払う取り組みは、仮想通貨ビジネスを手掛ける企業を中心に徐々に広がっている。日本のGMOインターネットは今年2月から上限は10万円で、給与から天引きする形で同金額相当をビットコインの購入に充てるという制度を導入。 また3月のCNBCの報道によると、米ビットペイの従業員の52%が法定通貨を含まずに全額ビットコインでの給与支払いを選んでいる。また米取引所のコインベースでも従業員の40%が、給与の一部をビットコインで受け取っている。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

リップルが最大値から90%以上下落?!ビットコインも6000ドル下回った?!

今月14日、仮想通貨のリップルが7日続落で現在0.27ドルを下回り、今年の最安値になりました。 更に、今年1月に過去最高値の3.75ドルから92%の下落したことをわかった。 時価総額2位のイーサリアムが9ヶ月ぶりの安値をつける中、同3位のリップルも低調とあって仮想通貨相場全体の下落が止まらず、ビットコインもついに6000ドルを下回ったことをわかった。 リップル下落の原因は恐らく「仮想通貨としてのリップル」と「会社としてのリップル」の関係に関する訴訟があるという見方が出ている。更に、一部の投資家はリップルを「有価証券詐欺」を呼び、訴えているという。 会社としてのリップルは、仮想通貨としてのリップルをコントロールしていないという立場であるにも関わらず、多額のリップルを決済やプロジェクトのために使っていて、これが価格操作に当たるのではないかという批判をされている。 今月3日、米国仮想通貨取引所大手のコインベースはが資産管理サービスにリップルやEOSなど40の資産を追加することを検討していると発表したほか、9日には仮想通貨取引所ビットトレックス、リップルの取引を開始したというポジティブなニュースが入りましたのでこれからは期待しても良いのではないでしょうか。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後…

続きを読む

仮想通貨を悪用した「犯罪・違法率」が、5年間で90%から10%に激減

米国麻薬取締局のLilita Infante特別捜査員は、ビットコイン(BTC)という単語が犯罪捜査資料に記録されたのは5年前から、ブロックチェーン・仮想通貨を悪用した犯罪・違法率が、90%から10%に激減していることをわかった。 ただ、市場規模の拡大したことによって、取引所のハッキングなどによる被害は増えており。 2013年から違法行為によるBTCの取引高大きく上昇しています。 特別捜査員のInfante氏は、「昨今に膨れ上がったBTC取引は、主に投機需要によるものだ。」と付け加え、 数年前に摘発されたダークウェブ”シルクロード”の事例のように、BTCが犯罪者に悪用される道具に過ぎないといった、過去における不名誉な先入観を覆しつつあることを示唆しました。 また、MoneroやZcashのような”真の匿名通貨”に対しても、Infante捜査員は、「我々は、それらを追跡する手段を持っている。むしろ、犯罪者にブロックチェーンと仮想通貨を使ってほしい」と自信満々で挑戦的な態度を見せつけました。    こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

テキストメッセージでビットコイン決済できる??!!

アメリカの会計ソフトウェア世界最大手のインテュイット社が、テキストメッセージ経由でビットコイン決済をする技術に関し特許を取得したことが、7日明らかになった。 米国特許商標庁 (USPTO) が発行した特許書類では、仮想アカウントシステムがどのように携帯電話を使ってユーザー2人が資金を移動するかを詳述している。 中小企業が法定通貨の代わりにビットコイン決済を処理するのに使うクイック・ブックス・ビットコイン・ペイメンツ・サービスをローンチしたすぐ後の2014年、同社は最初の特許を申請している。 決済テキストメッセージの認証は、様々な方法によってなされる予定だ。一つは、決済処理をするために、ユーザーのアカウントに関連するパスワードを要求すること、もう一つは、さらなる認証のためにボイスメールを利用することが考慮されており、これは応えなくても自動的に非接続されるという。 同社は、以前からBTC決済プロセッサーへのアクセスを改善しようとしていた。 QuickBooksを2014年にローンチした以来、決済プラットフォームを開発し続けながらも、直近では、決済プロバイダーVeemと提携し国際仮想通貨決済システムを可能とする事業を始めたようだ。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。 …

続きを読む

中国、ビットコインキャッシュの引出しできず、OKCoinが起訴される

中国の投資家Feng氏が仮想通貨取引所のOKcoinが38.748BCH(ビットコインキャッシュ)の受け取りを可能にしなかった事を受け、訴訟を起こしている。 OKcoinは昨年8月1日にBCHがハードフォークした日にはビットコイン保有者に対して同じ所有権を与えるとしたが、12月に原告のFeng氏はBCHを引き出そうとした所、「引き出しボタン」が無かったためできなかったとのこと。その為、ピーク時にBCHを売れなかったとして約280万円の「損害賠償」を求めている。ビットコインキャッシュの配布をめぐる訴訟は中国では初めてという。Okcoin側は、昨年の仮想通貨ブームの中、口座の取引活動が皆無を理由に、Feng氏が本当に口座の所有者であるかに対して疑問を抱いている。ビットコインキャッシュは、ハードフォークのよく知られた例である。そこでは、前バージョンで走っているノードは、新しいバージョンでは受け入れ不可となる。ビットコインは昨年8月に分岐した。ビットコインの保有者には保有分と同じ数だけのビットコインキャッシュが付与された。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

もっと見る