20代社長 BINANCE Bitcoin Bithumb bitmain BLOCKCHAIN BTC Bクワドラント COMSAメタップス提携 COMSA提携 EOS ETF eth Eクワドラント FCOIN FCOIN最新情報 Huobi ICOやり方 IPO orbs Ripple SBLOCK SBO SBOトークン softbank Sクワドラント USPTO WBFex WeChat アマゾン アマゾン詐欺 アマゾン返品 アマゾン返金 アリババ アリババ ブロックチェーン イーサリアム ウォレット エコシステム キャッシュフロークワドラント クワドラント コインベース コムサメタップスプラス提携 コムサ韓国 ゴールドマンサックス サビアン シンガポール ソフトバンク テンセント トークン ニンテンドースイッチ ネットワークビジネス ハッキング バイナンス バグ バンク・オブ・アメリカ ビッサム ビットコイン ビットコインキャッシュ ビットコインハードフォーク ビットメイン ブロックチェーン プラストークン マイクロソフト マイニング モナコイン急騰 ライトコイン リップル ロバキヨ 上場 中国 中国 ビットコイン 中国 ブロックチェーン 中国 仮想通貨 人生 人生やり直したい 人生やり直せる 仮想通貨 仮想通貨COMSA 仮想通貨decentbet 仮想通貨ICO 仮想通貨 詐欺 仮想通貨コムサ 仮想通貨セミナー 仮想通貨ディセントベット登録方法 仮想通貨一攫千金 仮想通貨予測 仮想通貨億万長者 仮想通貨取引所 仮想通貨手数料 仮想通貨暴落 仮想通貨暴落理由 仮想通貨詐欺 借金 任意整理 借金 債務整理 借金 民事再生 借金 自己破産 借金地獄 借金地獄 死にたい 借金地獄 自殺 借金地獄 解放 借金地獄 逆転 出金 取引所 取引所トークン 暗号通貨 最新情報 独立 登録方法 社長 紹介コード 経済的自由 考え方 脱サラ 詐欺 貧乏父さん 起業 速報 配当 金持ち父さん 4つのクワドラントの違い

SBLOCKの裏技公開。BTCやETHが5%以上値上がりしたときに瞬時に利益を出せる方法。解除手数料5%がポイント。

【SBLOCKプチ裏技!?】 BTCやETHが5%以上値上がりしたときに瞬時に利益を出せる方法 BTCやETHが10%近く値上がりしています。 SBLOCKの仕組みは運用開始時にBTCやETHのレートを算出してドルベースで運用されていきます。 ここでふと疑問に思うことがありませんか? ・30日以内の解除手数料が5%だが、これを支払っても一旦解除してすぐ再運用すれば差額の5%の利益が瞬時に出るのでは?さらに運用ベース額が上がるので、配当も少し増えるのでは? そう思って実際に試したところ、BTCやETHの枚数は減ってしまいましたが、ドルベースで考えると資産が増えました。もし試してみたい方は小さい金額のウォレットで一度試してみてください。 【実際の証拠画像と手順】 ①元々430ドルを運用しているアカウントです。(右の図を見てもらうとわかりますが、運用開始時のレートは1.603で430ドルです) ②その430ドルの運用を解除します ↓↓元々、ウォレットに入っていた運用していない金額です(ETHは0.02で約7ドルあります) ③元々入っていた0.02ETH(約7ドル)と解除金額を合わせると1.546ETHで474ドルになっています。 →運用解除前と比べるとETHの枚数は減っていますが、ETHが運用開始時よりも値上がりしているので結果的にドルベースでは資産が増えています。 ④解除した金額を再運用します。430ドルの運用から470ドルの運用に変わったので…

続きを読む

DMM Bitcoinの決算公告!!

11月5日の官報に掲載されたDMM Bitcoinの決算公告によると、2018年3月期の営業損益は3億1925万円の赤字だった。売上高は18億3347万円だったが、販管費が21億円超に上った。 DMM.comは17年12月に東京ビットコイン取引所をDMM Bitcoinに社名変更し、18年1月から新システムによるサービスへと移行した。ビットコインやイーサリアムの現物取引のほか、BTCやETH、リップル、NEM、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシックのレバレッジ取引が利用できる。 仮想通貨交換業者については、GMOフィナンシャルホールディングスが傘下のGMOコインの収益状況を公表している。2019年7~9月期のGMOコインの収益は、売上高13億6000万円、営業利益は7.4億円だった。仮想通貨の売買代金は昨年12月をピークに減少傾向にあるが、口座数は増加しており、カバーロジックの見直しなどで安定的に収益を生み出せる状況になっているという。(コインテレグラフより一部引用)   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

BTC投資信託、昨年12月以来最低の時価総額に

BTC立ての投資信託を行なっているアメリカのグレイスケール・ビットコイン・インベストメント・トラスト(GBTC)は、昨年12月の価格高騰からBTC価格の大幅な減少の煽りを受けて約80%減少したとブルームバーグは報じた。 記事によると、GBTCの株価は、去年末にビットコイン(BTC)が2万ドル付近をつけた後、約80%も下落。ビットコイン(BTC)価格が同じ時期から66%近く下がっていることのほか、GBTCの手数料が高いことが要因と考えられるという。GBTCは1000ドルの投資に対して20ドル、つまり2%の手数料を取っといて、これは一般的なミューチュアルファンドの平均0.59%より高いという。GBTCの親会社であるグレイスケール・インベストメンツは、現在15億ドルの資産を運用していて、世界でも最大規模の仮想通貨投資ファンドとなっている。GBTCはビットコインの相場を指標として追跡している。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

上位100種の仮想通貨ほぼすべてが上昇に!!

9月1日の仮想通貨市場は、Coin360のデータによるとトップ100の仮想通貨のほとんどが上昇していることわかった。 ビットコイン(BTC)は7000ドルを超え、着実な伸びを見せている。7000ドルを超えたのは、過去1週間で2度目だ。米商品先物取引委員会(CFTC)の報告でビットコイン先物のショート(売り)ポジションが減少したというニュースが、この動きに弾みをつけているようだ。 その他、上位10位以内の仮想通貨では、ビットコインキャッシュ(BCH)が14.7%増、ライトコイン(LTC)が8%増と大きく上昇している!! 更に好ニュースが続いてまして、今週はシカゴ・オプション取引所(CBOE)がイーサリアム先物を年内に開始するとのニュースを好感し、仮想通貨市場全体で上昇が起こったとみられる。 また今週はインドの中央銀行である、インド準備銀行(RBI)が、中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の可能性を評価する部門横断的グループを設立することを認めるというニュースもあった。 更に先日ヤフーファイナンスが自社のプラットフォーム上で主要な仮想通貨についてで売買できるようにするというニュースもあった為、仮想通貨の好感度が上がったではないかと考えられますね。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録…

続きを読む

仮想通貨を悪用した「犯罪・違法率」が、5年間で90%から10%に激減

米国麻薬取締局のLilita Infante特別捜査員は、ビットコイン(BTC)という単語が犯罪捜査資料に記録されたのは5年前から、ブロックチェーン・仮想通貨を悪用した犯罪・違法率が、90%から10%に激減していることをわかった。 ただ、市場規模の拡大したことによって、取引所のハッキングなどによる被害は増えており。 2013年から違法行為によるBTCの取引高大きく上昇しています。 特別捜査員のInfante氏は、「昨今に膨れ上がったBTC取引は、主に投機需要によるものだ。」と付け加え、 数年前に摘発されたダークウェブ”シルクロード”の事例のように、BTCが犯罪者に悪用される道具に過ぎないといった、過去における不名誉な先入観を覆しつつあることを示唆しました。 また、MoneroやZcashのような”真の匿名通貨”に対しても、Infante捜査員は、「我々は、それらを追跡する手段を持っている。むしろ、犯罪者にブロックチェーンと仮想通貨を使ってほしい」と自信満々で挑戦的な態度を見せつけました。    こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

米ドルがビットコイン市場を支配している??日本円建ては思ったより少ないって本当?

CryptoCompareなどの、ビットコイン取引の内、日本円建てが全体の過半数以上を占めているという情報は間違っているとCoindeskが指摘。 同社が新たに発表したデータによると、ビットコイン取引の内、米ドル建てが50%以上を占めており、日本円建ては30%以下に留まった。 Coindeskの調べによって、世界中で引用されているビットコイン取引データには、そもそも調査方法に欠陥があり、取引ペアとしての日本円の重要性が誇張されてしまっていることがわかった。 CryptoCompareはCoindeskの連絡を受けた後、分析方法を変更し、計算からbitFlyerのデリバティブ市場のデータを除外することを発表しました。 取引所ごとに計算に含まれる取引の種類が違うといった不一致や、分析方法の改善前後で、結果が大きく異なることは、仮想通貨業界のデータ分析が初期段階であることを表しています。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

もっと見る