20代社長 BINANCE Bitcoin Bithumb bitmain BLOCKCHAIN BTC Bクワドラント COMSAメタップス提携 COMSA提携 EOS ETF eth Eクワドラント FCOIN FCOIN最新情報 Huobi ICOやり方 IPO orbs Ripple SBLOCK SBO SBOトークン softbank Sクワドラント USPTO WBFex WeChat アマゾン アマゾン詐欺 アマゾン返品 アマゾン返金 アリババ アリババ ブロックチェーン イーサリアム ウォレット エコシステム キャッシュフロークワドラント クワドラント コインベース コムサメタップスプラス提携 コムサ韓国 ゴールドマンサックス サビアン シンガポール ソフトバンク テンセント トークン ニンテンドースイッチ ネットワークビジネス ハッキング バイナンス バグ バンク・オブ・アメリカ ビッサム ビットコイン ビットコインキャッシュ ビットコインハードフォーク ビットメイン ブロックチェーン プラストークン マイクロソフト マイニング モナコイン急騰 ライトコイン リップル ロバキヨ 上場 中国 中国 ビットコイン 中国 ブロックチェーン 中国 仮想通貨 人生 人生やり直したい 人生やり直せる 仮想通貨 仮想通貨COMSA 仮想通貨decentbet 仮想通貨ICO 仮想通貨 詐欺 仮想通貨コムサ 仮想通貨セミナー 仮想通貨ディセントベット登録方法 仮想通貨一攫千金 仮想通貨予測 仮想通貨億万長者 仮想通貨取引所 仮想通貨手数料 仮想通貨暴落 仮想通貨暴落理由 仮想通貨詐欺 借金 任意整理 借金 債務整理 借金 民事再生 借金 自己破産 借金地獄 借金地獄 死にたい 借金地獄 自殺 借金地獄 解放 借金地獄 逆転 出金 取引所 取引所トークン 暗号通貨 最新情報 独立 登録方法 社長 紹介コード 経済的自由 考え方 脱サラ 詐欺 貧乏父さん 起業 速報 配当 金持ち父さん 4つのクワドラントの違い

DMM Bitcoinの決算公告!!

11月5日の官報に掲載されたDMM Bitcoinの決算公告によると、2018年3月期の営業損益は3億1925万円の赤字だった。売上高は18億3347万円だったが、販管費が21億円超に上った。 DMM.comは17年12月に東京ビットコイン取引所をDMM Bitcoinに社名変更し、18年1月から新システムによるサービスへと移行した。ビットコインやイーサリアムの現物取引のほか、BTCやETH、リップル、NEM、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムクラシックのレバレッジ取引が利用できる。 仮想通貨交換業者については、GMOフィナンシャルホールディングスが傘下のGMOコインの収益状況を公表している。2019年7~9月期のGMOコインの収益は、売上高13億6000万円、営業利益は7.4億円だった。仮想通貨の売買代金は昨年12月をピークに減少傾向にあるが、口座数は増加しており、カバーロジックの見直しなどで安定的に収益を生み出せる状況になっているという。(コインテレグラフより一部引用)   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

仮想通貨爆発的成長期が終わってしまった??!!

仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏はブロックチェーンの存在が一般に知れ渡るようになる中、同業界の爆発的な成長局面は終わってしまった可能性があるとの見解を示した。 香港のイーサリアム・インダストリー・サミット会議でブテリン氏はインタビューで「ブロックチェーンのスペースは天井が視野に入るところまで来ている、現時点で一般常識のある人と話すなら、彼らは恐らく最低1回はブロックチェーンについて聞いたことがあるだろう。だかしかし、そのスペースでさらに1000倍成長するような機会はもうない」と語った。 次のステップについて同氏は、既に仮想通貨に関心を持つ人々をより深く関与させることだろうと発言。「関心のある人々を、真の経済活動における実際の利用へと向かわせることだ」と述べた。      データによると、リップルやライトコインを含む競合の仮想通貨が8日に新たな売りを浴びる中、イーサリアムは1月に付けた今年高値から85%余り下落し、足元では200ドルを下回って推移している。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

上位100種の仮想通貨ほぼすべてが上昇に!!

9月1日の仮想通貨市場は、Coin360のデータによるとトップ100の仮想通貨のほとんどが上昇していることわかった。 ビットコイン(BTC)は7000ドルを超え、着実な伸びを見せている。7000ドルを超えたのは、過去1週間で2度目だ。米商品先物取引委員会(CFTC)の報告でビットコイン先物のショート(売り)ポジションが減少したというニュースが、この動きに弾みをつけているようだ。 その他、上位10位以内の仮想通貨では、ビットコインキャッシュ(BCH)が14.7%増、ライトコイン(LTC)が8%増と大きく上昇している!! 更に好ニュースが続いてまして、今週はシカゴ・オプション取引所(CBOE)がイーサリアム先物を年内に開始するとのニュースを好感し、仮想通貨市場全体で上昇が起こったとみられる。 また今週はインドの中央銀行である、インド準備銀行(RBI)が、中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)の可能性を評価する部門横断的グループを設立することを認めるというニュースもあった。 更に先日ヤフーファイナンスが自社のプラットフォーム上で主要な仮想通貨についてで売買できるようにするというニュースもあった為、仮想通貨の好感度が上がったではないかと考えられますね。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録…

続きを読む

LINEはシンガポールを拠点に仮想通貨取引所サービス「BITBOX」の運営を開始!!

今月16日、LINEはシンガポールを拠点に仮想通貨取引所サービス「BITBOX」の運営を開始したと発表した。※日本や米国はサービス対象外で、サイトにアクセス出来ない。 取引所の運営はシンガポール子会社のLINE Tech Plusが行い、セキュリティと透明性を重視し、取り扱う通貨はBITBOXのスクリーニング委員会を通して、厳正に評価した上で決定するとしている。 取り扱われる仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなど30種類ほど、15ヶ国語に対応しており、仮想通貨同士の取引のみ行える。 さらにブロックチェーンセキュリティ企業であるBitGoと提携し、機関投資家が安心して利用出来るウォレットや保管ソリューションを提供するとの事。 サービス開始の記念に初期登録者ら向けて取引手数料無料などのキャンペーンをも実施している。 日本では、AML(マネーロンダリング対策)から、金融庁が認めたホワイトリストに入っている仮想通貨しか取引所は扱えない状態、またバイナンスやHitBTC、Huobiなど多数の仮想通貨を取り扱っている取引所は、交換業登録がないため、日本居住者向けのサービスを停止した経緯があり、日本国内の取引所を介し手に入る通貨は種類が限られている。(コインテレグラフより引用) 日本の金融庁に仮想通貨交換業の申請をしている企業は4月の時点で100社を超えていると言われており、規制が厳しくなりながらも仮想通貨の人気は継続している。今回日本は対象外だが今…

続きを読む

もっと見る