20代社長 BINANCE Bitcoin Bithumb bitmain BLOCKCHAIN BTC Bクワドラント COMSAメタップス提携 COMSA提携 EOS ETF eth Eクワドラント FCOIN FCOIN最新情報 Huobi ICOやり方 IPO orbs Ripple SBLOCK SBO SBOトークン softbank Sクワドラント USPTO WBFex WeChat アマゾン アマゾン詐欺 アマゾン返品 アマゾン返金 アリババ アリババ ブロックチェーン イーサリアム ウォレット エコシステム キャッシュフロークワドラント クワドラント コインベース コムサメタップスプラス提携 コムサ韓国 ゴールドマンサックス サビアン シンガポール ソフトバンク テンセント トークン ニンテンドースイッチ ネットワークビジネス ハッキング バイナンス バグ バンク・オブ・アメリカ ビッサム ビットコイン ビットコインキャッシュ ビットコインハードフォーク ビットメイン ブロックチェーン プラストークン マイクロソフト マイニング モナコイン急騰 ライトコイン リップル ロバキヨ 上場 中国 中国 ビットコイン 中国 ブロックチェーン 中国 仮想通貨 人生 人生やり直したい 人生やり直せる 仮想通貨 仮想通貨COMSA 仮想通貨decentbet 仮想通貨ICO 仮想通貨 詐欺 仮想通貨コムサ 仮想通貨セミナー 仮想通貨ディセントベット登録方法 仮想通貨一攫千金 仮想通貨予測 仮想通貨億万長者 仮想通貨取引所 仮想通貨手数料 仮想通貨暴落 仮想通貨暴落理由 仮想通貨詐欺 借金 任意整理 借金 債務整理 借金 民事再生 借金 自己破産 借金地獄 借金地獄 死にたい 借金地獄 自殺 借金地獄 解放 借金地獄 逆転 出金 取引所 取引所トークン 暗号通貨 最新情報 独立 登録方法 社長 紹介コード 経済的自由 考え方 脱サラ 詐欺 貧乏父さん 起業 速報 配当 金持ち父さん 4つのクワドラントの違い

2018年中国大富豪ランキング!!!

今日発表された中国の富豪ランキングに、「仮想通貨長者」14名もランクインしたことがわかった。 14名中9名は仮想通貨マイニング業経営者です。仮想通貨マイニング機器世界最大手ビットメインのCEOで大株主のマイクリー・ジャン、ウー・ジーハンがそれぞれ約4800億円、2700億円を保有し仮想通貨分野ではトップだった。2013年に創業されたビットメインは今では世界のビットコイン・ハッシュパワーの半分、マイニング機器市場では70%のシェアを誇ります。 仮想通貨取引所の経営者もランクインされました。取引量ベースで世界最大の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)のジャオ・チャンポンCEO(趙長鵬、通称CZ)は資産約2450億円で230位、仮想通貨取引所OKEXの創業者シュー・ミンシン(徐明星)は1630億円で354位だった。ビットトレードの買収で日本にも進出を図るフォビ(火幣)の創業者であるリー・リン(李林)氏は1144億円で556位だった。 もう仮想通貨やブロックチェーンに投資しないと発言した中国の仮想通貨大口投資家(クジラ)としてしられるリー・シャオライ(李笑来)氏も資産1144億円で556位につけました。 これ以外に、ブロックチェーン関連の特許を大量に保有するといわれるアリババの創業者ジャック・マ氏の資産は4.4兆円で中国でナンバーワンの富豪となった。

続きを読む

BinanceとCoinbaseが雇用強化に!!

昨年末のピーク時から市場全体で80%もの下落を見せている仮想通貨市場の弱気相場にあって、世界最大の取引所であるBinanceとCoinbaseの2社は活発な雇用をすすめている。Binanceの最高財務責任者であるWei Zhou氏は同社がシンガポールの支部で新たな雇用をすすめつつ、マルタの本部でも50人規模の採用を行っていると話した。Binanceは世界39カ国に300人以上の従業員を抱えており、今後まもなく350人を超える規模になる予定だ。 また、CoinbaseはLinkedinの上級執行役員でデータサイエンス・アナリティクス部門のトップであるMichael Li氏を新たに同社のデータ部門のナンバー2として迎え入れた。 こうした金融業界などの企業の重役や経験豊富なトレーダーが、場合によっては給料が減ってでもこの仮想通貨市場に集まって来ている状況があり、これはこの市場のさらなる成長を示唆しているとも言える。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

Binanceが有価証券トークンを取り扱う取引所開設に??!!

世界最大の取引量を誇る仮想通貨取引所のBinanceは、セキュリティトークン取引所開設に向け、マルタ証券取引所と基本合意書(MOU)を締結しました。 新たな取引プラットフォームによって、マルタ証券取引所の法定取引所としての26年の歴史と、Binanceのビジネスモデルやグローバルなカバレッジが組み合わさり、大きな効果を生むことになるでしょう。 マルタ共和国は、「ブロックチェーン・アイランド」というあだ名のつくほど、仮想通貨に好意がある!合意書締結において同国の財務大臣、Edward Scicluna氏(以下Scicluna氏)は、プレスカンファレンスにて、マルタ共和国はこの機会を逃す訳にはいかないと発言しています。(他のテクノロジー同様、ブロックチェーンや仮想通貨にもリスクはあるが)「見過ごして、他の誰かに持っていかせるような口実にはならない」マルタ証券取引所の会長であるJoe Portelli氏もそれに答えて、「好きであろうとなかろうと、もうここにテクノロジーはあるのですから」と同意しました。 このようなサービスは、マルタ共和国のように小さくも開かれた経済にぴったりだとScicluna氏は述べています。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

バイナンス、従業員の90%がバイナンストークンでお給料授与?!

世界最大手の仮想通貨取引所の1つバイナンスでは、従業員の90%がバイナンスが発行した独自トークン「BNB」で給与として受け取っている。 バイナンスはビットコインを含めて約120種類の仮想通貨を取り扱っています。2017年7月から2018年1月まで5ヶ月しか経ってないですが、登録者が500万人にも上りました。更に、2017年12月中に24時間出来高ランキングでは世界で一位になりました。 バイナンスは手数料が安い上、バイナンスが発行した独自BNBトークンの手数料が0.05%という半額で非常に魅力的に感じます。 仮想通貨を給与に支払う取り組みは、仮想通貨ビジネスを手掛ける企業を中心に徐々に広がっている。日本のGMOインターネットは今年2月から上限は10万円で、給与から天引きする形で同金額相当をビットコインの購入に充てるという制度を導入。 また3月のCNBCの報道によると、米ビットペイの従業員の52%が法定通貨を含まずに全額ビットコインでの給与支払いを選んでいる。また米取引所のコインベースでも従業員の40%が、給与の一部をビットコインで受け取っている。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

LINEはシンガポールを拠点に仮想通貨取引所サービス「BITBOX」の運営を開始!!

今月16日、LINEはシンガポールを拠点に仮想通貨取引所サービス「BITBOX」の運営を開始したと発表した。※日本や米国はサービス対象外で、サイトにアクセス出来ない。 取引所の運営はシンガポール子会社のLINE Tech Plusが行い、セキュリティと透明性を重視し、取り扱う通貨はBITBOXのスクリーニング委員会を通して、厳正に評価した上で決定するとしている。 取り扱われる仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなど30種類ほど、15ヶ国語に対応しており、仮想通貨同士の取引のみ行える。 さらにブロックチェーンセキュリティ企業であるBitGoと提携し、機関投資家が安心して利用出来るウォレットや保管ソリューションを提供するとの事。 サービス開始の記念に初期登録者ら向けて取引手数料無料などのキャンペーンをも実施している。 日本では、AML(マネーロンダリング対策)から、金融庁が認めたホワイトリストに入っている仮想通貨しか取引所は扱えない状態、またバイナンスやHitBTC、Huobiなど多数の仮想通貨を取り扱っている取引所は、交換業登録がないため、日本居住者向けのサービスを停止した経緯があり、日本国内の取引所を介し手に入る通貨は種類が限られている。(コインテレグラフより引用) 日本の金融庁に仮想通貨交換業の申請をしている企業は4月の時点で100社を超えていると言われており、規制が厳しくなりながらも仮想通貨の人気は継続している。今回日本は対象外だが今…

続きを読む

もっと見る