20代社長 BINANCE Bitcoin Bithumb bitmain BLOCKCHAIN BTC Bクワドラント COMSAメタップス提携 COMSA提携 EOS ETF eth Eクワドラント FCOIN FCOIN最新情報 Huobi ICOやり方 IPO orbs Ripple SBLOCK SBO SBOトークン softbank Sクワドラント USPTO WBFex WeChat アマゾン アマゾン詐欺 アマゾン返品 アマゾン返金 アリババ アリババ ブロックチェーン イーサリアム ウォレット エコシステム キャッシュフロークワドラント クワドラント コインベース コムサメタップスプラス提携 コムサ韓国 ゴールドマンサックス サビアン シンガポール ソフトバンク テンセント トークン ニンテンドースイッチ ネットワークビジネス ハッキング バイナンス バグ バンク・オブ・アメリカ ビッサム ビットコイン ビットコインキャッシュ ビットコインハードフォーク ビットメイン ブロックチェーン プラストークン マイクロソフト マイニング モナコイン急騰 ライトコイン リップル ロバキヨ 上場 中国 中国 ビットコイン 中国 ブロックチェーン 中国 仮想通貨 人生 人生やり直したい 人生やり直せる 仮想通貨 仮想通貨COMSA 仮想通貨decentbet 仮想通貨ICO 仮想通貨 詐欺 仮想通貨コムサ 仮想通貨セミナー 仮想通貨ディセントベット登録方法 仮想通貨一攫千金 仮想通貨予測 仮想通貨億万長者 仮想通貨取引所 仮想通貨手数料 仮想通貨暴落 仮想通貨暴落理由 仮想通貨詐欺 借金 任意整理 借金 債務整理 借金 民事再生 借金 自己破産 借金地獄 借金地獄 死にたい 借金地獄 自殺 借金地獄 解放 借金地獄 逆転 出金 取引所 取引所トークン 暗号通貨 最新情報 独立 登録方法 社長 紹介コード 経済的自由 考え方 脱サラ 詐欺 貧乏父さん 起業 速報 配当 金持ち父さん 4つのクワドラントの違い

ブロックチェーン特許出願数の世界企業ランキング:アリババとIBMがトップの座争う

iPR Dailyが31日の記事によると、アリババとIBMがブロックチェーン関連の特許トップの座を争っていることわかった。また世界知的所有権機関(WIPO)の国際特許システムも調査した。 中国のアリババが90件のブロックチェーン関連の特許を申請してトップ。次にIBMが89件の特許を提出しており、1件差で2位となった。 第3位はマスターカードで80件、その次はバンク・オブ・アメリカで53件だ。第5位には中国の中央銀行である中国人民銀行で、44件の特許を申請している。人民銀行は、中央銀行発行のデジタル通貨に関わるプロジェクトで特許を申請しているようだ。 日本の関連では、ソニーが23件で26位で登場。富士通も46位で登場している。 WIPOのデータに関する3月の報道では、2017年にWIPOへ申請されたブロックチェーン関連の特許数は、中国の225件が最多だった。米国が91件、オーストラリアが13件と続いた。 今回、特許数でトップとなったアリババも中国政府と同様の立場でブロックチェーンの技術開発に官民で積極的に乗り出している一方で、仮想通貨に対しては厳格。創業者のジャック・マー氏も「ブロックチェーンはバブル」ではないとブロックチェーン技術への期待感を示す一方で、ビットコインへは冷淡だ。 IBMは、食品のサプライチェーンやデジタルメディア分野など、多種多様な分野でブロックチェーン技術を展開してきている。オーストラリア政府が、ブロックチェーンなどの技術を使用…

続きを読む

ソフトバンク社がBitmain社への投資を否定??!!

Bitmain社が香港証券取引所へのIPOを計画しており、プレIPOでは150億ドルを調達したことが中国メディアQQNewsによって報道された。 QQNewsの報道によると、主な資金調達先としてソフトバンク社、さらに中国のIT企業であるテンセント社の2社が出資に関わったとされていましたが、Cointelegraphの取材によると同社はBitmain社への出資を否定している。 日本ではソフトバンク社は携帯電話通信会社として強いですが、同社は投資会社としての側面を持ち、Uber、Alibaba、Sprintといった世界的なIT企業の主要株主として10兆円の株式資本を保有しています。また、Bitmain社はNvidia社にも巨額投資を行なっていることも明らかにされています。 マイニング最大手Bitmain社への関与報道は、世界の金融関係者の注目を集めましたが、しかし、情報によると、ソフトバンク社の関係者は「ソフトバンクグループ、およびソフトバンク・ヴィジョン・ファンは今回の件に一切関与していません。」と述べ、同社のプレIPO参加を否定しました。 また、テンセント社のプレICO関与についても、未だ情報が明らかにされておらず真実は不透明なままです。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後…

続きを読む

中国にてブロックチェーンで初の公式領収書発行!!テンセント社も関与してる??

中国深圳市で、公式のデジタル領収書がブロックチェーン上で発行された。 国家税務総局が初めて承認したパイロット事業として、インボイス向けブロックチェーンエコシステムを「ウィチャット」を運営するテンセントと深圳市税務総局が開発しました。 これは消費者、事業者、税当局の利用を想定し包括的に設計されている。中国では公的な領収書は「発票」と呼ばれ、税財とサービスの購入向けに務総局によって発行されている。伝統的な手続きでは、消費者は決済を完了した時、事業者が領収書を発行、金融部門への提出し、処理されるのを待つ手間が必要になるが、ブロックチェーン基盤の電子領収書を使うと、消費者がウィチャット上でワンクリックで完了。また、リアルタイムで確認でき、税当局による検査や管理に有効である!ブロックチェーンを利用することによって、記録を保存できて、一貫として領収書管理が可能となる。また、ソースや真正性を辿り、会計でき、報告ミスなども避けられるという。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

マイニング大手ビットメインの企業価値が遂に150億ドルに到達?!

世界最大級のマイニング装置製造業者大手ビットメインの企業価値が150億ドルに到達し、更にソフトバンクも投資していたことが8月4日にわかった。 4日に終了した最近の資金調達では、ソフトバンクや中国のテンセントなど世界的に有名な企業が投資したとのこと。 ビットメインは、ビットコイン向けのマイニングハードウェア製造で世界の約7−8割のシェアを占めていて、今年1−3月期の純利益は約10億ドルだったと報じられた。 最近では、米テキサス州に5億ドルを投資し、ブロックチェーンのデータセンターとマイニング施設を建設すると発表した。 近く将来、香港か国外の株式市場で近くIPO(新規株式公開)をする予定あり、時価総額は300億ドルと見込める。   投資したソフトバンクは、5月にブロックチェーンを基盤とした高セキュリティ認証を米国の企業クラウド・マインズ・テクロノジーと共同開発すると発表した。 孫正義会長兼社長は、6月の株主総会の中で、ブロックチェーンについて「まだ始まったばかりの技術」としながら、「ブロックチェーンなどを使った技術に取り組んでいる」と発言している。 また世界で10億人以上のユーザーを持つテンセントは、中国政府と提携してブロックチェーン支援を加速させる取り組みを進めている。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のL…

続きを読む

もっと見る