20代社長 BINANCE Bitcoin Bithumb bitmain BLOCKCHAIN BTC Bクワドラント COMSAメタップス提携 COMSA提携 EOS ETF eth Eクワドラント FCOIN FCOIN最新情報 Huobi ICOやり方 IPO orbs Ripple SBLOCK SBO SBOトークン softbank Sクワドラント USPTO WBFex WeChat アマゾン アマゾン詐欺 アマゾン返品 アマゾン返金 アリババ アリババ ブロックチェーン イーサリアム ウォレット エコシステム キャッシュフロークワドラント クワドラント コインベース コムサメタップスプラス提携 コムサ韓国 ゴールドマンサックス サビアン シンガポール ソフトバンク テンセント トークン ニンテンドースイッチ ネットワークビジネス ハッキング バイナンス バグ バンク・オブ・アメリカ ビッサム ビットコイン ビットコインキャッシュ ビットコインハードフォーク ビットメイン ブロックチェーン プラストークン マイクロソフト マイニング モナコイン急騰 ライトコイン リップル ロバキヨ 上場 中国 中国 ビットコイン 中国 ブロックチェーン 中国 仮想通貨 人生 人生やり直したい 人生やり直せる 仮想通貨 仮想通貨COMSA 仮想通貨decentbet 仮想通貨ICO 仮想通貨 詐欺 仮想通貨コムサ 仮想通貨セミナー 仮想通貨ディセントベット登録方法 仮想通貨一攫千金 仮想通貨予測 仮想通貨億万長者 仮想通貨取引所 仮想通貨手数料 仮想通貨暴落 仮想通貨暴落理由 仮想通貨詐欺 借金 任意整理 借金 債務整理 借金 民事再生 借金 自己破産 借金地獄 借金地獄 死にたい 借金地獄 自殺 借金地獄 解放 借金地獄 逆転 出金 取引所 取引所トークン 暗号通貨 最新情報 独立 登録方法 社長 紹介コード 経済的自由 考え方 脱サラ 詐欺 貧乏父さん 起業 速報 配当 金持ち父さん 4つのクワドラントの違い

グリーンな社会とブロックチェーンの関係性は??

cnBetaの報道によると:中国の電子商取引大手アリババの創業者、ジャック・マー氏は17日、「よりグリーンに、より多くの人を巻き込む」社会にするためには、ブロックチェーンと他の先端技術はまだ進化しなければならない」と発言した。過去に仮想通貨はバブルだが、ブロックチェーンの可能性を信じていると話していたマー氏だが、ブロックチェーンに対して大きな課題を課したようだ。 中国で開かれていた世界AIコンフェレンスで講演したマー氏は、ブロックチェーンが社会に果たすべき役割について述べた。フォーブスによればマー氏の資産価値は369億ドルで、まもなく引退する予定だという。中国で人気のスマホ決済アプリであるアリペイは、4億5000万人の利用者がいる。5月にマー氏は、ブロックチェーン技術はバブルではないが、ビットコインはバブルだと発言。長年にわたりブロックチェーンを研究してきたと述べ、「ビックデータの時代」において、政府や企業、個人を含むあらゆるレベルのデータプライバシーとセキュリティの問題にブロックチェーンが対処できることを強く信じていると語っていた。(一部コインテレグラフによる引用)   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

中国商工銀行、ブロックチェーン技術でスマートバンキング目指すことに?!

9月1日中国のBiaNewsの報道によると:中国の4大商業銀行の1つ、中国商工銀行は、ブロックチェーン技術開発を進める方針。 中国商工銀行は中国最大の銀行の1つで5000社以上の企業と5億3000万人の顧客を抱えている。2017年、同行は「情報銀行」の構築と「フィンテック領域の迅速な導入」に力を入れていく事を報道されました。 BiaNewsによると、商工銀行はスマートバンキングのユースケースの構築に取り組んでいるという。金融エコシステムにおけるサービス向上と、第三者と共有する金融データの安全性確保に役立てる狙いだ。 中国は昨年9月以来、仮想通貨に対する規制を強化している。その一方で、様々な業界でブロックチェーン技術導入を推進している。 中国銀行は8月、金融サービスの中国銀聯と業務提携を結び、ブロックチェーンを活用した決済システムを共同開発すつと発表している。 また中国大手保険会社の中国人民保険がVeChainと提携し、保険業務にブロックチェーンを導入すると表明。アリババ知財関連のメディアがまとめたデータでも、ブロックチェーン関連特許で中国のアリババが申請数でトップとなった。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

ブロックチェーン特許出願数の世界企業ランキング:アリババとIBMがトップの座争う

iPR Dailyが31日の記事によると、アリババとIBMがブロックチェーン関連の特許トップの座を争っていることわかった。また世界知的所有権機関(WIPO)の国際特許システムも調査した。 中国のアリババが90件のブロックチェーン関連の特許を申請してトップ。次にIBMが89件の特許を提出しており、1件差で2位となった。 第3位はマスターカードで80件、その次はバンク・オブ・アメリカで53件だ。第5位には中国の中央銀行である中国人民銀行で、44件の特許を申請している。人民銀行は、中央銀行発行のデジタル通貨に関わるプロジェクトで特許を申請しているようだ。 日本の関連では、ソニーが23件で26位で登場。富士通も46位で登場している。 WIPOのデータに関する3月の報道では、2017年にWIPOへ申請されたブロックチェーン関連の特許数は、中国の225件が最多だった。米国が91件、オーストラリアが13件と続いた。 今回、特許数でトップとなったアリババも中国政府と同様の立場でブロックチェーンの技術開発に官民で積極的に乗り出している一方で、仮想通貨に対しては厳格。創業者のジャック・マー氏も「ブロックチェーンはバブル」ではないとブロックチェーン技術への期待感を示す一方で、ビットコインへは冷淡だ。 IBMは、食品のサプライチェーンやデジタルメディア分野など、多種多様な分野でブロックチェーン技術を展開してきている。オーストラリア政府が、ブロックチェーンなどの技術を使用…

続きを読む

もっと見る