人から必要とされなければ人は生きていけない!「孤独死」は年間○○人・・・疎外感は誰にでもある。

こんにちは。20代社長のKです! 今日のテーマは 「人から必要とされなければ人は生きていけない!」です。 近年「孤独死」や「自殺」の問題が多く取り上げられるようになりましたが、 年間にどれくらいの人数が亡くなっているかご存知だろうか? 「自殺者数」については以前の記事でも書きましたが、約年間3万人です。 「孤独死」は年間約20万人と言われています。 これを聞いて皆さんどう思いますか?多いですか?少ないですか? 「孤独死」の主な原因は、 誰からも必要とされなくなり人と接触しなくなってしまうこと! 以下に挙げるような人に該当者が多い。 ・高齢者(特に男性) ・独身者(配偶者との死別を含む) ・親族がいないか、いても近くに住んでいない ・定年退職または失業により職業を持たない ・慢性疾患を持つ ・アパートなどの賃貸住宅(隣家に無関心) 上の該当者の例を見ているとわかるが、 人生に置いて生きる意味、価値がなくなった(見いだせなくなった)人が、 孤独死を迎えてしまう可能性が高い! 人間は一人では生きていけない。 人と交流し、人のために活動し、人から必要とされてこそ、 生きる活力が湧きがんばれるのではないだろうか? これは高齢者における話ではなく、 学生や社会人にも当てはまると思う。 組織の中で自分が中心におらずカヤの外だと どうしても自分自身は楽しく感じられない。 …

続きを読む