SBLOCKはいつまで続くのか?いつ飛ぶのか?を検証してみた。日本で噂される9月20日のドバイのイベント後は危ない…

SBLOCKは2019年6月15日に世界中でローンチされ、今では140か国ほどの国や地域でユーザーが登録しているほど勢いがあります。 私自身、6月15日よりも前に情報を得ており当初最速でスタートしましたが、今まで配当は予定通りきちんと入っています。 初期のころはアプリの不具合や、様々な細かい問題もありましたが今は運営も安定してきて順調にSBOトークン価格も上昇しています。 そんな中、 ・SBLOCKはいつまで続くのか?いつ飛ぶのか? という疑心暗鬼の声は日本に限って少しずつ大きくなってきているようにも思えます。 でも、実際はこのような安定的な収益はみんなできる限り長く続いてほしいと思っているはずです。 ですので参考程度にはなりますが、SBLOCKのICAやLEGENCY等とも交流のある私の意見を書きたいと思います。 【SBLOCKはいつまで続くのか?いつ飛ぶのか?を検証】 まず結論からですが、いつまで続くのかは誰にもわかりません。運営側でさえ今の段階ではわかってないかもしれません。これがわかればこの手の投資案件では最大限の利益を確保して100%成功できるでしょう。 ただ、予想することは可能です。 私が考えている一つのターニングポイントは2019年12月を予定しているWBFexへの上場です。 「WBFex」取引所の詳細「WBFex」取引所はこちら↓https://www.wbfex.com/ ※取引所新規登録の際のinvi…

続きを読む

外国人と仕事をすると振り回される?外国人は本当に自己中心的なのか?ビジネスパートナーとして外国人は難しい?文化の違…

近年、日本にも外国人が急増し、外国人の知り合いがいる方も多くなってきていると思います。 そんな中、外国人と一緒にいてやっぱり日本人とは違う部分が多いな〜と思う点は皆さんそれぞれ感じているでしょう。 特に、今回は「仕事」「ビジネスパートナー」として関わる外国人に特化して記事を書きたいと思います。 【日本の文化・考え方は外国人には通用しない?日本と外国人の違いとは?】 外国人といっても色々な国があるので一概には断定できませんが、 私自身はビジネスで、中国、マレーシア、ロシア、アメリカ、トルコ、韓国、イスラエル、カンボジア、タイ・・・などの国の方々と直接接点を持っています。 そんな中、実際の仕事の経験から感じた外国人と仕事をする上で困った経験について箇条書きで書いてみたいと思います。ちょっと批判的に見えるかもしれませんが、文化の違いから生じるものだと思うので逆に日本人が受け入れるべきポイントも多くあると思っています。   ◼️外国人と仕事をして困ったこと ・時間にルーズ ・約束を守らない ・「絶対」という言葉は「絶対」ではない。「100%」という言葉の信頼度は「50%」以下。 ・予定を自分都合でころころ変える ・言っていることが急に変わって矛盾する ・責任感が乏しい ・大げさに主張する ・自分の利益を最優先する ・成果報酬の考え方に固執する(成果が出てから売上から費用を出す。先払いはしない) ・返事や対応が遅いもしくは返事をしない …

続きを読む

【RMX】9月6日に遂に登録開始。recommender欄には紹介者のメールアドレスを入力。500倍が狙える案件か…

【RMX紹介アドレス】k_rmx09062@yahoo.co.jp 仮のリファーラル紐付けウォレットhttp://18.223.210.100:4004/UserSignup/ 紹介する場合は、ログインしてrecommenderのところに紹介者のメールアドレスをご記入ください。 【RMX】500倍が狙えるかも? 今回のプロジェクトは、韓国と中国チームで立ち上げられたものです。中国、韓国、フィリピン、ベトナム、マレーシア、カンボジア、タイ、日本、アメリカでマーケットを組みます。 世界でまだ3件ほどしか実施されてないITOというものです。Initial Transparency OfferingのTransparencyは透明性を意味するもので、全てスマートコントラクトで開示されます。ゲームを主体としたプラットフォームでして、遊び心のある機能が搭載されています。ITOの前例では、VDSというプロジェクトが500倍まで行き、現在250倍で落ち着いています。RDSというプロジェクトは25倍ほど、もう一件は価格が変動なしです。その理由は買い戻しに当てるパーセンテージが低かったのと、ロックがかかっていなかったことです。RXMは、24時間で10%のロック解除、以降毎日1%が解除されます。約3ヶ月で全てが解除されます。第1段は3億3000万枚で、3億枚がITOで100時間セールスを行います。もし残った場合は、焼却します。第2弾、第3弾も上場後に予定されており、その時の価格より安く…

続きを読む