世界のウォズニアックもビットコインにおハマり!!??

AMBクリプトの報道によると:アップルの共同設立者スティーブ・ウォズニアック氏が、22日~24日にかけて米ロサンゼルスで行われた「Crypto Invest Summit」のイベントにおいて、「ビットコインだけ持って世界旅行したい」と夢を話した。ウォズニアック氏は、過去には「ビットコインだけがデジタルゴールド」と発言するなど、ビットコイン強気派として知られている。 スティーブ・ウォズニアック氏は、ブロックチェーンは金融システムの在り方と人々の思想に変革をもたらす新技術だとした上で、「90年代にインターネットが爆発的に普及したように、ブロックチェーンは社会の仕組みを根底から変えていくだろう。技術としてはまだ初期段階で、今後の発展が楽しみ」だとコメント。「ビットコインだけ持って世界旅行したい」という自身の夢も付け加えて聴衆の心をつかんだ。(コインテレグラフより引用) しかし、インターネットも最初に苦戦していたのでビットコインのような仮想通貨は今後どうなるかは予想できないと話した。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

ブロックチェーンエンジニアの給料高騰??!!

CNBCの報道によると、ブロックチェーンエンジニアの需要は昨年より400%も増加しており、サンフランシスコの求人会社Hiredの統計によると、エンジニアは年間平均150,000ドルから175,000ドルのAIエンジニアなどと並ぶ高給となっている。 技術職に特化した人材紹介を手がける米Hired社の統計によりますと、ブロックチェーンエンジニアの年収は平均15万ドル(約1,600万円)~17.5万ドル(約1,900万円)で、AI(人工知能)デベロッパーとほぼ同等。一般のソフトウェアエンジニアの年収が平均1,500万円程度であることを踏まえるとかなりの差だ。現在、Facebook、アマゾン、IBM、マイクロソフトなどの大企業はこぞってブロックチェーン技術を用いたプロジェクトを立ち上げており、2017年末よりブロックチェーンの経験を求める求人件数は400%も増加している。「役職名を『ブロックチェーンエンジニア』にアップデートしただけで、LinkedInで毎日のように面接の依頼がきた」という体験談もあるほどで、その需要の高さがうかがえる。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

ワシントン州内の市でマイニング業が禁止??!!

米ワシントン州エフラタ市は、今後12ヶ月間、新たな仮想通貨マイニングの開発を認めないとする決定を発表した。仮想通貨マイニング事業がしないで普及したことで、現地では電気不足の問題が浮上していた。エフラタ市の今回の中止決定は、新しいマイニング事業に適用される。すでに存在してる4つのマイニング事業については引き続き継続するという。今回の中止はエフラタ市議会議員の投票で決定された。6人がマイニング規制に賛成し、マット・ムーア氏1名が反対した。反対したムーア氏は、一時的な禁止だとしても、市の経済発展にとってマイナスの影響があると主張した。市議会で規制に賛成したキャスリーン・オールトット氏は、1年間の一時的な中止によって、マイニングによるエフラタ市への影響について知ることができると主張している。米ワシントン州では、地域の電力料金が低いため、マイニング事業が積極的に行われている。その一方でマイニング事業による大量の電力消費によって、地域の電力不足の問題が浮上している。この法律の背景にはワシントン州内の安い電気料金を狙ってマイニング業者が乱立し市民の電気利用に影響が出ている現状がある。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む