ビットメインが香港証券取引所に上場申請することに

北京に本拠を置く仮想通貨マイニング大手ビットメインが26日、香港証券取引所(HKEX)に正式に上場申請を出したことがわかった。 ビットメインの新規株式公開(IPO)はかねてより、数兆円規模になると注目を集めていた。まだHKEXからのヒアリング待ちのため正式な調達額は不明だが、今年8月時点ではFacebookによる調達額をも上回る約180億ドルだと予想されていた。 上場申請書類によると、同社の2017年における年間売上は約25億ドル。2016年の約2億7700万ドルと比べて大幅増となった。今年の6月30日時点での売上は約28億ドルを記録している。 また昨年の利益は約12億ドル、2018年上半期は約10億ドルと2016年の約1億5000万ドルから上昇。課税前だとそれぞれ2016年は約1億3700万ドル、2017年は約8億9700万ドル、2018年上半期は約9億700万ドルだった。 また、6月30日時点でビットコイン(BTC)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)建てで約8億8690万ドル(約999億円)相当の仮想通貨を保有している。(コインテレグラフより報道)   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

Bithumb、海外ユーザーに取引手数料優遇

韓国国外の新規ユーザーに向けて、イベント期間中に取引所に仮想通貨を入金する際に発生する取引手数料の払い戻しが行こなうキャンペーンを韓国大手取引所Bithumbが発表した。 制限時間、グローバルな仮想通貨取引所であるBithumbは、新規ユーザーのサポート対して感謝を表明し、 最大70%の取引手数料の払い戻しのを提供するとしていることから、新規流入の糸口として期待される。 2018年8月16日から9月16日間の韓国標準時(GMT+9時間)で”仮想通貨入金イベント”を実施し、新規登録ユーザーで韓国以外のトレーダーが対象。払い戻し率: 取引手数料の払い戻しが行われる期間は、韓国標準時(GMT+9時間)の2018年10月1日から5日までの6日間に渡り仮想通貨で支払われる。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

史上初!!「リップル」が遂に「ビットコイン」を上回る!!??

仮想通貨市場では26日、日本時間早朝からビットコインが下落してる状況と違って、リップルは大きく上昇した。リップルが上昇したことによって、仮想通貨の市場が少し活気を取り戻せたようですね。 ビットコインも19時時点では前日比0.8%高とプラスに転換したほか、アルトコイン市場では時価総額50位の通貨の大多数がプラスで推移、午前中に高騰したXRPは唯一の10%高を超える前日比を記録、前日比で17.58%高となり、昨日50円を割り込んだ価格も60円まで復調しています。(コインテレグラフより一部引用) そして、今回の高騰の影響で、再度XRPが時価総額2位に浮上しました。 リップルは1年前の2017年3月頃に、XRPが$0.006(約0.6円)で取引されていたことを考えると、現時点では14300%も上昇して、リップルが2019年にまた仮想通貨を盛り上げて来るくるのではないかと思います。以前は、多くの人々が、ビットコインによって多大な利益を得ることができましたが、次の大きな波はビットコインではなくリップルであると専門家が予測しています。リップル社は、最近の提携の数々や、金融業界での幅広い採用のニュースを多く発表していて、将来的にリップルの方が良いという考えで投資してる方も多く増えましたみたいですね。   こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありま…

続きを読む