中国マイニングの大手ビットメイン近々IPO(新規株式公開)!!

世界最大級のマイニング装置製造業者であるビットメインの企業価値が、最近の資金調達の結果120億ドル(約1兆3200億円)になったことが7月6日明らかになった。 そして、今月31日匿名の関係者からのメールによって香港か国外の株式市場で近くIPO(新規株式公開)を計画していた事が分かった。 🔍下記は中国ニュースにより切取った図です。 日本語訳: 2018年第1シーズン、ビットコインは代理区にての純利益は11億ドルに達しました。2017年ビットコインの純利益は12億ドルで、純利益率は約50%でした。控えめに見ても、今年の年間純利益は20億~30億ドルに達してもおかしくない。また、今年6月月初4億ドルを調達するほか、新たな資金調達の準備を進めているとの報告もあるという。 ビットコインの新たな資金調達はおよそ140億ドルで、これは以前獲得した120億ドルよりも16.6%高く回りました。 こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

イギリス人は約300万人が仮想通貨に投資し、アドバイスされたのは僅か5%?!初心者の参加率が異常に高い。

先日Coin Telegraphのニュースによると、 イギリスにて約300万人が仮想通貨に投資し、その中で僅か5%が助言をもらっている。 利用されてる媒体は基本オンラインの取引プラットフォームです。 全体的の割合としては:15万人(助言をもらっている人)➕250万人(仮想通貨に知識なく投資している人)➕35万人(その他)=300万人(合計) また、別の調査のデータでは、サンプル調査した結果は2007人の内、約38%は仮想通貨に知識なく、約33%の方は仮想通貨がもっと向上すると予想している。 これらのニュースをみて、 イギリスの方々は仮想通貨に関する知識や情報を持っていないのに、約300万人も投資していることに驚きました。どれぐらいの人数でどれ程の利益を生み出せるのかが楽しみですね。 こちらのライン@では仮想通貨に関する優良な情報や、その他優良な投資&資産運用案件についても定期的に配信していきたいと思います。 その他、質問等ありましたら、下記のLINE@に登録後メッセージをください。

続きを読む

日本のバーチャル通貨交換協会(JVCEA)は一部の顧客の取引活動に制限かける?!

COIN TELEGRAPHサイトより仮想通貨に関する取引のニュースが発表されました。 日本のバーチャル通貨交換協会(JVCEA)は一部の顧客の取引活動に制限かけるという内容のニュースでございまして、 下記は本文でございます。 ◆上記公式サイトの日本語翻訳(Google翻訳) 日本のバーチャル通貨交換協会(JVCEA)は7月28日、一部の顧客の取引活動に制限を課すことをメンバー交換会社に義務付けると、Cointelegraph Japanが7月28日に発表した。自主規制機関は、会員の暗号取引所に、取引所の顧客が取引する取引量に最大限の制限を課すように要求する方針を確立したと伝えられている。この動きは、「小資産」の投資家が重い損失を被り、基本的な日々の経費の問題に直面するのを防ぐことを目的としていると伝えられている。報告書は特に「小資産」を定義するものではなく、正確な限度額も明記していない。この報告書によると、会員暗号交換は、取引限度を確立する方法について2つの選択肢から選択することができる。第1の選択肢は、すべての「小資産」トレーダに1つの固定された最大限を確立することを意味する普遍的な上限を提案する。第2の選択肢は、投資経験、所得、資産価値、年齢など、さまざまな要因によって顧客ごとに異なる制限を設定することによって、より個別のアプローチを提案します。JVCEAはまた、未成年者の取引活動の制限を提案しており、マネー・ロンダリングに対する措置として大人の確認が求められてい…

続きを読む