在宅ワークの副業で稼ぎたいなら「ランサーズ」。企業の外注化にもとっても便利な「ランサーズ」。

在宅ワークの副業で稼ぎたいなら「ランサーズ」 企業の外注化にもとっても便利な「ランサーズ」 ◆ランサーズとは? 「個人」の時代と呼ばれている近年ですが、それを顕著に表している一つがこの「ランサーズ」だと思います。 ランサーズでは、個人が自由に仕事を依頼したり、受注できたりする仲介サイトです。 (もちろん法人でも可能です) ◆ランサーズの仕事内容 数多くの仕事が掲載されていますが、大きく分けて8つに分類されます。 ①システム開発・運用 ⇒アプリの開発やシステムの運用や管理等の仕事です。 ②Web制作・Webデザイン ⇒ウェブサイトの制作やバナーやアイコンの作成、ネットショップの構築等の仕事です。 ③デザイン制作 ⇒ロゴやイラストの制作や、看板、印刷物の制作等の仕事です。 ④ライティング・ネーミング ⇒ブログ記事のライティングや、会社やサービスのネーミング等の仕事です。 ⑤タスク・作業 ⇒データ入力や、レビュー、アンケート等の単純作業の仕事です。 ⑥マルチメディア ⇒動画や写真、アニメーションや音楽等に関する仕事です。 ⑦翻訳・通訳サービス 英語や中国語等の外国語の翻訳や通訳に関する仕事です。 ⑧ビジネス・事務・専門・その他 企画やリサーチ、セールス、資料作成、コンサル等の仕事です。 以上を見てもらうとわかるように、自分でもできそうだというような仕事がいくらでも存在します。 特に⑤の「タスク・…

続きを読む

胡散臭い案件に振り回されると「お金」も「体力」も「人望」も失っていく?今稼げてても調子に乗るな!

胡散臭い案件に振り回されると「お金」も「体力」も「人望」も失っていく? 今稼げてても調子に乗るな! 世の中には胡散臭い案件がゴロゴロ転がっています! 特に近年不景気のせいか、あちこちで詐欺案件やそれに近いような出回っています。 ・仮想通貨に関する投資案件 ・FXに関する投資案件 ・上場株に関する投資案件 ・海外積立に関する投資案件 ・カジノ関連の投資案件 ・海外の事業投資案件 ・ネットビジネス関連の案件 ・ネットワークビジネス関連の案件 ・・・・ 具体例を挙げればキリがありません。 【胡散臭い案件や詐欺案件の特徴と見極め方】 ①普通ではありえないくらいの高配当の場合が多い ②出口がしっかりと用意されていない(出金のルートが確保されていない) ③会員を集めるためにセミナーをガンガンやっている ④会員を集めるためにネットワークビジネスの仕組みを採用している ⑤スタート直後はきちんと配当を出す ⑥会社のオフィスがバーチャルオフィス ⑦会社の本社が海外にあり、実際に稼働しているのか不明 ⑧社長本人が胡散臭い(良い人っぽい人を演じている) ⑨「今参加しておけば将来すごいことになる」と必ず勧誘してくる!w ⑩会社を第三者の機関が監査チェックしていない 最近ではビットコインがニュースにも取り上げられ、投資とかに詳しくないような人までも、なぜだか根拠もわからずに必ず儲かると信じて購入しまくってますよね?w …

続きを読む

EUがグーグルに3000億円の罰金を科した!?過去最高額の罰金を受けた理由は独占禁止法!

EUがグーグルに3000億円の罰金を科した!? 過去最高額の罰金を受けた理由は独占禁止法! 【グーグル(Google)がEUから3,000億円超の罰金制裁を受けた理由】 6月27日、独占禁止法違反でグーグル(Google)に約24億ユーロ(約3000億円)の罰金を科すとニュースが流れました。この金額は過去最高額とのことですが、一体何が起きたのでしょうか? グーグル(Google)と言えば今や誰もが知っている企業ですよね?毎日のように多くの方々がグーグルの検索エンジンを利用していると思います。 このように客観的にみても世界最大の検索エンジンとして市場優位性を持つグーグルですが、 その優位性を利用して傘下のショッピングサービスに不正な利益を与えたと報道されています。 確かに、グーグルほどの力を持てばもはや何だってできちゃいますし、世の中を変えることすらできるんじゃないかと思います。 それくらい今は情報化社会ですしね。 グーグルといえばyoutubeを買収したことでも有名ですが、youtubeで広告ビジネスをやったことがある方なら、グーグルさんに嫌われたら終わりだということが良く理解できていると思います!w 一度目をつけられたら再起不能なレベルになることもありますし、問い合わせしても返事がないこともあれば定型文で返事をしてくるだけっていうことも良くあります! (参考記事) ◆youtubeでアカウントが芋づる式に削除され、さらにアドセンス報酬が没収され…

続きを読む